税務・コンサルスタッフ達の隠された魅力(?)をお伝えします!
 
成長支援グループからのお知らせ

呪いの子

お疲れ様です、津口です。

 

題名はハリーポッターシリーズの続編のタイトルです。

この前翻訳版が発売されたので読みました。

 

「ハリーポッターと呪いの子」、前作から19年後のお話で、

ハリーの次男が主役です。

魔法界の英雄の息子というのは、大変な重圧のようで

期待?に応えるため変な方向に頑張ってしまいます。

あと、シリーズファンにはおなじみのキャラクターが何人もでてくるので、

とても懐かしい気持ちになります。

本当は色々書きたいですが、ネタバレになるのでやめておきます。

 

是非読んで見て下さい。

2016.11.27 Sunday 14:30 | 津口 | comments(0)
牛かつ

お疲れ様です。

 

この前牛かつを食べました。

「牛かつ もとむら」(渋谷)というお店です。

 

とにかく人気で並ばないときはないみたいです。

オープンの30分以上前に行きましたがすでに5,6人並んでいました。

 

こんな感じです。

 

 

お肉は赤い状態で出され(写真では分かりませんが)、

奥に見える熱した石の上で適度に焼きます。

そして、そのままもしくは醤油・わさび・岩塩をつけて食べます。

とてもおいしいです。焼き加減と味を変えることにより半永久的に楽しめます。

個人的にはほぼレア・そのままが好きでした。

おすすめです。

 

2016.08.23 Tuesday 19:05 | 津口 | comments(0)
陸対空
お疲れ様です。

北海道新幹線がもう間もなく(3月26日予定)開業します。
気になるのが飛行機との比較です。
それぞれ東京駅・羽田空港から札幌駅まで行くとしたら
時間・料金はどうなるかを試算してみました。

 ○新幹線(東京駅〜新函館北斗駅〜札幌駅)
  料金:およそ27,000円
  時間:およそ8時間

 ○飛行機(羽田空港〜新千歳空港〜札幌駅)
  料金:およそ10,000円〜40,000円
  時間:およそ3時間30分(搭乗手続で1時間くらい)

料金は飛行機がタイミングによって変わるので何ともいえないです。

しかし、時間は差が圧倒的です(4時間30分差!!)。
理由は函館から札幌までは在来線を利用するしかないためです。
※飛行機で函館空港〜丘珠空港(札幌)もありますが…

そんなわけで移動手段としては今のところ飛行機が一歩リードと言えそうです。
札幌まで乗り換えなしでいけるようになると新幹線もいい勝負でしょうか。

 
2016.03.04 Friday 13:21 | 津口 | comments(0)

お疲れ様です。

最近読んだ本のことを書きます。
「陽気なギャングは3つ数えろ」(伊坂幸太郎著)という本です。シリーズの3作目です。
1作目の「陽気なギャングが世界を回す」は映画にもなってるので有名だと思います。

特殊能力?(相手の嘘を絶対に見破れる等)を持つ4人の主人公が銀行強盗をするお話です。
もちろんフィクションです。
銀行強盗の途中もしくは後に、面倒ごとに巻き込まれたり、首を突っ込んだりして
話が展開されていきます。

登場人物のテンポの良い掛け合いと、伏線がきれいに回収される感じが好きです。
読みやすくておすすめです。
 
2015.12.22 Tuesday 22:25 | 津口 | comments(0)
BOS
お疲れ様です、津口です。

北海道日本ハムファイターズの調子がいいです。
3年ぶりに優勝できそうな気配です。

2004年に本拠地を北海道に移転してから11年間で4回優勝しています。
同期間の優勝回数はリーグ最多です。

しかし、選手の年俸総額(推定)はリーグで1位になったことはありません。
だいたい3位くらいです。

限られた予算の中でなぜ毎年安定した成績を残せるのでしょうか。
それはベースボールオペレーションシステム(BOS)と呼ばれる
チームの編成システムによるところが大きいです。

BOSは球団の最高機密のため、詳細は明らかになっていませんが、
概要は次のような感じです。

まず、全ての選手を数値化します。
数値化は、野球の成績に加えて年齢・年俸・性格等も考慮して行います。
次に、数値のいい順番に4つのカテゴリーに機械的に分類します。
 ・主力(1軍で常に試合に出る選手)
 ・控え(1軍で主力を支える選手)
 ・育成(2軍で育てる選手)
 ・在庫(放出を検討する選手)
そして、分類されたカテゴリーに応じて選手を起用・査定します。

これにより特定の人物の主観による評価を排除することができます。
この数値・分類は絶対で、監督や球団の偉い人であっても覆すことはできないらしいです。

次回は「数値化」のうち野球の成績の評価について書きたいと思います。
かなりマニアックな内容ですが宜しくお願いします。


 
2015.06.08 Monday 14:22 | 津口 | comments(0)
続ランニング

お疲れ様です、津口です。


以前ランニングをよくすると投稿しましたが、
奇跡的に現在も続けられています。
 

疲れたら歩いてもいいという自分ルールを設定したため、
毎回の精神的なハードルがぐっと下がったことが要因です。


それはランニングと呼べるのかという疑問は多少ありますが、
続けることが大事なので考えないようにしています。


あと、今使っているシューズがとても走りやすいです。
IMG_0090.JPG









写真のようにヒールの形状が滑らかになっています。
IMG_0092.JPG









これにより着地すると自然と重心が前に移動し、
足運びがスムーズになります。
私はメーカーの回し者ではありませんがおススメです。


昨年きつかった夏用のズボンが無理なくはけるように
これからも続けていきます。



 





 

2015.03.27 Friday 16:20 | 津口 | comments(0)
○HK杯トーナメント
お疲れ様です、津口です。

昔から将棋が好きです。理由はよく分かりませんが、なぜか好きです。
自分でやるよりも、プロ棋士が対局しているのを見るのが好きです。

プロの対局は、大会ごとに異なりますが、持ち時間が4時間以上あることが多いです。
持ち時間が9時間で2日間に及ぶ対局もあります。
そのため、リアルタイムで観戦するのはほぼ不可能です。

しかし、テレビでの中継がある大会もあります。
それが、○HK杯トーナメントです。50人のプロ棋士が毎週1局ペースで1年かけてトーナメントを行います。
持ち時間10分で1局1時間30分程度※なので非常に良心的です。
※持ち時間がなくなった後も30秒以内に指せばセーフのため、このくらいになります。
考える時間が少なく先の手を深く読むことが難しいため、普通の大会よりも番狂わせが起きやすいです。

放送では対局している人とは別のプロ棋士が1手ごとに解説してくれます。
「今の手はよかった」「今はどっちが有利だ」「仮にこう指していたらこうなった」的なことを
大きな将棋盤を使って説明してくれるので、とても助かります。
次はこう指すんじゃないかと勝手に予想しながら見ています。大体外れます。

興味のある方は少ないかと思いますが、日曜日の午前中なのでもしよければご覧下さい。
 
2014.12.02 Tuesday 12:38 | 津口 | comments(0)
引退
お疲れ様です、津口です。

先日私の好きな某スポーツ選手が今シーズン限りの引退を表明しました。

某チームが北海道に移転してきてから、ずっと応援していました。

年齢が年齢なので、ここ数年はそうなるんじゃないかと覚悟していました。

しかし、実際にそうなるととても寂しい気持ちです。

10月に某ドームで引退セレモニーがあるので、何とか見に行きたいです。

引退まであと1ヶ月も残っていませんが、最後の姿を目に焼き付けたいです。


P.S.第4回GSバスケットボール大会が9月5日にひがし健康プラザで開催されました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
2014.09.18 Thursday 20:37 | 津口 | comments(0)
ランニング
お疲れ様です、津口です。

最近ランニングをよくします。
理由は去年買ったズボンがきつくなってしまったからです。
ずっと息を止めていないといけないんじゃないかと思うくらいのきつさです。

体重を落とすためには有酸素運動(負荷の弱い運動)が効果的だと本で読みました。
有酸素運動では主に体内にある脂肪をエネルギーとして使用するためらしいです。
私の好きなバスケットは負荷が強すぎて向いていないことが判明したので、
ランニングを始めました。

最近はウェアがかっこいいです。
完全に形から入るタイプなので、早速ウェアを購入しました。
ランニングそのものよりもウェアを着るのが楽しみだったりもします。

ランニングを続けた結果、無事ズボンも息を止めずにはけるようになりました。
走った日はご飯もおいしくていいことだらけです。

せっかくなので、今年中にハーフマラソンに挑戦したいです。







 
2014.06.27 Friday 21:34 | 津口 | comments(0)
お祭り
 

お疲れ様です、津口です。


突然ですが、札幌のお祭りを紹介したいと思います。

札幌でお祭りといえば皆さんは何を思い浮かべますか。


ほとんどの方が「さっぽろ雪まつり」を思い浮かべるかと思います。

2月上旬になると雪像や氷像を見るために約200万人もの人が札幌を訪れます。


実は、雪まつりとほぼ同じくらいの観客動員数を誇るお祭りが、札幌にはもう1つあるのをご存知でしょうか。

高知県の「よさこい祭り」と北海道の民謡「ソーラン節」を組み合わせた、その名も「よさこいソーラン祭り」です。


6月の第一週の水曜日〜日曜日で行われます。内容は単純に言うとダンス大会です。

150名以内のチーム単位で参加し、事前に準備した踊りを披露します。

誰でも参加できるので、学校のクラス、職場、サークル、社会人チームなどで、様々な人が参加しています。(毎年約300チーム・3万人が参加します)


基本的に衣装や音楽、振り付けは自由ですが、以下の2点だけ決まりがあります。

・ソーラン節のフレーズを入れた音楽を使用する

・鳴子を持つ(振るとカチャカチャと音が鳴ります)


赤や紫色のはっぴを着たり、顔にペインティングするチームが多いです。ふんどしやチアリーダーなど奇抜な格好で参加するチームもあります。


札幌各地に設けられたステージや道路を使用し街全体が会場となるため、6月になると普通に街中を歩いているだけで、見ることができます。

いたるところで大音量の音楽と掛け声が聞こえてくるので、かなりお祭り気分が味わえます。

6月に札幌にお越しの際はぜひご覧下さい。というよりも絶対に目に入ってきます。








2014.04.14 Monday 21:54 | 津口 | comments(0)