税務・コンサルスタッフ達の隠された魅力(?)をお伝えします!
 
成長支援グループからのお知らせ

身分証明

お久しぶりです。アルバイトの榊原です。

最近、地元の教習所に通い始めました。

いままで「身分証明なら学生証がある」と免許から逃げ続けてきたのですが

そんな学生生活もあと3カ月で終了です。

来年もスマートに身分を証明するには、免許をとるしかない。しょうがない。

気乗りしないまま、入校手続きを済ませてきました。

昔からそこはかとなく運転に対する不安はあったのですが(いつも悲惨なMリオカート)、先日の実車教習でそれは確信となりました。


榊原「(アクセルを踏む)」

教官「これでいま時速5kmですね」


榊原「(カーブでハンドルを回す)」

教官「右手、左手、右手…榊原さん腕がもつれてますよ」

※さらに「カーブになるとなぜか鼻の穴が広がる」と指摘され、もうカーブのたびに笑ってしまいます。


あと1カ月で仮免です。がんばります。

2014.12.25 Thursday 11:46 | 榊原(アルバイトスタッフ) | comments(0)
ベトナムの遊園地
 

アルバイトの榊原です。

 

この夏ベトナム旅行に行ってきたのですが、面白い遊園地があったので紹介します。


スイティエン公園(Suoi Tien Theme Park

 

「世界の有名テーマパーク12選」ではなんとあのネズミーワールドとも肩を並べる、すごい遊園地なのだそうです。

今回は一人旅だったので、滞在していたホテルでできた友達と一緒に回ってきました。



荘厳なエントランス

 クリックで挿入


エントランスを抜けると遊園地のあちこちに不思議な像が現れます(怖い)

クリックで挿入クリックで挿入

金太郎(大人サイズ)と牛が遊んでいるシリーズが人気です

来園者も笑って写真を撮っていました


クリックで挿入

これを見て「ご利益系オブジェだ!」と写真を撮りながら遊んでいたら、

スッとお線香がおかれ、お祈りが始まりました。

これはおもしろがっちゃいけない方のオブジェだったようです…



しばらく歩いてたどり着いたのが

クリックで挿入

お化け屋敷


入ってすぐに始まる閻魔大王のありがたいお言葉を聞きながら、拷問されている罪人たちの姿を反面教師にする、という深いコンセプトがありました



広い遊園地なので紹介しきれないことがまだまだあるのですが、

ベトナム人の宗教観がひしひしと伝わってくる不思議な遊園地です。


ベトナムに行く際はぜひ一度訪れてみてください!

2014.10.10 Friday 16:50 | 榊原(アルバイトスタッフ) | comments(0)
熱帯夜対策

お久しぶりです。アルバイトの榊原です。

今週は梅雨が明けて一気に夏本番となりましたね。

湿度も温度も容赦ないので、ここ数日とても寝苦しくなってきました。

我が家では唯一の高齢者である祖母がクーラー大臣を務めており、

「除湿にして」「冷房、26℃、強風」

と指示が飛び交っています。おかげで毎日、日中は快適に過ごしております。

しかしそれでも暑いのが夜です。熱帯夜、暑がりなのでかなりつらいです。。

お財布と体によくないのでクーラーは必ず消して寝ているのですが、

あまりの暑さで夜中に目が覚めてしまいます。

窓を開けても閉めても暑い。熱気がむっと迫ってきます。

そこでおすすめしたいのが

「アイスノン」です。(激プッシュします)

夜、凍らせたアイスノンを枕の上に置いて寝ると、朝までぐっすり眠れるのです!!

かなり枕が高くなり、かちかちに冷えていると石のように硬いのですが、大切なのは冷たさなのでそこは我慢します。笑

我が家では人数分のアイスノンを冷凍庫にストックし、各々のアイスノンとともに熱帯夜を乗り切っております。

ほかにも熱帯夜を快適に過ごせるアイディアがありましたら、ぜひ教えてください!

(余談ですが「ハッカ油を全身に塗った」という友人がいました。毛布をかぶるほど寒いそうなのでお勧めしません。。。)


2014.07.22 Tuesday 09:28 | 榊原(アルバイトスタッフ) | comments(0)
就活戦士

お久しぶりです。アルバイトの榊原です。


現在は就職活動の真っ最中ということもあり、

髪を黒く染め、

黒いリクルートスーツを着て、

黒いトレンチコートを着て、

都内をうろちょろしながら、

人事部の人たちの話を聞いて、

テストセンターという試験対策をしながら(数学に苦しめられ、半狂乱に…)

家で黙々とエントリーシートを書いています。

 こうやって書きだしてみるとすごくつまらないように思えますが、就活を始めてからは今までは気にしてなかったことにもアンテナを張るようになり、ちょっと視野が広がったかな…と思えることもあります。

 テレビ番組の内容や、道行く人の会話、映画やドラマのセリフ、アルバイトで読む本の数々。今までは「ふーん」と思いすごしていたことも、「何を伝えたいのかな」「どんなメッセージなんだろう」「何を考えているんだろう」と、考えることが多くなりました。何かを伝える、という行為に特に敏感になったんだと思います。

 就職活動は、自分がどういう人間かを説明し、会社が求めていることに応えられる人間であるかを「いかにうまく伝えられるか」が勝負だと思います。やはり自分を「演出」したり、何かを「伝える」「見せる」がうまい人は面白いほど内定をポンポン勝ち取っていきます。

 

 そして、ここまでブログを書いていて気付きました。…私はどれも満足にできていない!!!

自分で書いていて「なるほどなあ」と納得してしまい思わず笑ってしまいましたが、笑ってる場合じゃないですね。まじめにやらないと!!()

 次のブログを書く頃にはいい報告ができるように、がんばりたいと思います!

2014.03.04 Tuesday 09:28 | 榊原(アルバイトスタッフ) | comments(0)
今年もたくさん観ました
 

お久しぶりです。アルバイトの榊原です。

社員さんからお勧めされたショーシャンクの空、先日観ました。とてもよかったです。

 

さて、今回は今年1年で見てビビっときた映画をご紹介したいと思います。



「わたしはロランス」★★★

 フランス映画だし、上映時間がとんでもなく長いので、寝てしまうのではないかと少し不安でしたが、一瞬たりとも気を抜けない展開でした。性同一性障害を抱えたロランス(心は女性)と、その恋人のフレッドの関係を描いたラブストーリーです。女性向けですね。

 渋谷のUPLINKというところで上映をしています(今も、まだ、たぶん・・・)。

そのうちDVDも出ると思うので、「気合い入れて映画見るぞ!今日は見るぞ!」という時に観ていただけたらと思います。とても素敵な映画です。

 

「フランケン・ウィニー★★★★★

 チャーリーとチョコレート工場や、アリス・イン・ワンダーランド、シザーハンズでおなじみのティム・バートンが監督のストップモーションアニメです。(ちなみに、ストップモーションアニメ、ご存じの方もいると思いますが、少しずつ人形を動かして撮影しているので、たった数秒の撮影に1日以上も費やすという鬼のような映画です・・・)

 愛犬を亡くし、「もう一度会いたい!」と嘆く主人公が、「よし、よみがえらせよう!」とスコップをしょって墓場に行く(!)というものすごいお話です。

 普通、愛犬が亡くなったら「心のなかでずっと生きているよ」とか「お空で見守ってくれる」とか、いろいろ考えて踏ん切りをつけるのですが、さすがアメリカですね。やることが違います。

 子ども向け映画ではありますが、とても感動する作品でした。心も温まりますし、なによりやさしい気持ちになれます。癒されたい方はぜひ、どうぞ!

 

「マン・オブ・スティール」★★

 スーパーマンが地球にやってきて、スーパーマンとして活躍するまでのお話です。バットマンシリーズのダークナイトを手掛けたクリストファー・ノーランが脚本を書いていて、主人公は常に葛藤し、悩みます。アメコミのヒーローは頭の悪いマッチョのイメージがあったのですが、このスーパーマンはそんなことありません。

 やりすぎなんじゃない?と、おもわず噴き出してしまうような激しい戦闘シーンがたくさんあるのも見所です。主人公がイケメンのマッチョなので、それだけでも観るのは楽しいです(笑)

 

「恋する輪廻」★★★★

 ボリウッド、ご存知でしょうか。インドは映画の製作本数と観客動員数が世界トップクラスなのですが、そんなインド映画を、首都ボンベイのハリウッド映画→ボリウッドと呼ぶのだそうです。

とにかく派手で面白いです!

1)ラブシーンはすべて踊る

確かキスシーンが上映できないそうなので、2人の愛が燃え上ると、自然とダンスシーンに切り替わり、観客は総立ちで踊ります。そのあと、どのタイミングで座っていいのかちょっと悩んでしまいます。

2)「マサラ上映」

観客が映画の盛り上がりに合わせて好きなタイミングでクラッカーを鳴らしたり紙吹雪をまきながら映画を楽しむという驚きのシステムがボリウッドのお約束だそう。もはや映画というよりはライブのような感じでした。(実際、日本でもライブハウスで上映して、踊り明かすというイベントもありました)。

 恋する輪廻は思い出すだけで笑えます。TSUTAYAでレンタル始まっているので、ぜひ一度お試しください!

 

また、みなさまのお勧め映画も教えてください!

2013.12.17 Tuesday 15:35 | 榊原(アルバイトスタッフ) | comments(0)
空港にて
 お久しぶりです。アルバイトの榊原です。

今年も旅行に行ってまいりました。今回はモロッコです!

社員さん「なんか、トルコとかモロッコとか、変なところばっか行くね…」←確かに
友人「お土産が期待できない」←ご、ごめんね…
祖母「去年も行ったじゃない(笑)」←それはトルコ!!

散々な言われようですが、私がモロッコはいい国でした。今日は空港でのエピソードを紹介したいと思います。

モロッコには成田からカタールのドーハを経由しておよそ1日半をかけて行きます。深夜1時という変な時間に空港につき、店は開いておらず、朝まで食事にありつけないという悲劇が・・・。
機内食も食べ損ねた私たちはげっそりとしながら朝までソファでトランプをして過ごしていると、ふくよかなおばさんがドカッと隣に座りました。

おばさん『○▽×☆?』(フランス語聞き取れず)

私『hahaha...おはようございます!』(とりあえず何か返さなきゃ!という勢いで頭の悪そうな英会話を始める)

おばさん『日本人?』(英語も話せる!すごい)

友人『そうなんですよ〜』

話を聞くと、アメリカ在住のモロッコ人の方で、里帰りの途中だそうです。どおりでフランス語を話していたんですね。

おばさん『あなたたち、朝ご飯食べた?』

友人『夜中についたので、お店開いたら食べようと思ってて…」

おばさん、あわててカバンから何かを取り出す。

私・友人『クラッカー!!ええ!これ、いいんですか??』

おばさん『食べなさい!夜中から何も食べていないなんて!!!』

おばさんはこの後、飛行機の搭乗時間まで私たちに食べ物を与え続け、クラッカー、リンゴ、バナナ、牛乳をごちそうになりました。

そのあと、ごちそうになった分しっかり働き(おばさんの機内持ち込み手荷物を席まで運んだり、肩をもんだり…)、カサブランカ到着時にお別れしました。

次にモロッコに来たときは実家に泊まりに来なさいと連絡先まで渡してくれました。

空港でのほんの数時間の出来事でしたが、心もお腹も満たされ、元気に観光できました。

私のアルバイト先を「せーちょしえん!せーちょしえん!」と何度も繰り返して、ブログ読むわ!と意気込んでいましたが、見ていてくれるでしょうか。

日本語でごめんなさい(笑)
2013.10.02 Wednesday 20:09 | 榊原(アルバイトスタッフ) | comments(0)
サークル活動
お久しぶりです。


先日、自転車に乗って猛スピードで恵比寿を失踪する某杉漣を目撃したアルバイトの榊原です。

(あまりに一瞬の出来事だったので「人違い…?」とも思いましたが、某杉漣であったことにしておきます。嬉しかったので…)

 

 今回は私の所属しているサークル「企画集団便利舎」についてお話ししたいと思います。


このサークルは今年で創立33周年を迎える大学公認のイベントサークルです。いつもは3040人程度で活動しているのですが、今年は新入生がたくさん入ってくれたおかげで60人の大所帯となりました(笑)


 活動内容としては、毎年6月に2本、11月の早稲田祭で2本の企画を打っています。企画を一から作れることが特徴で、自分で企画書を書き、ブッキングをとり、会議から本番の運営や広報など、企画に関わるすべて統括することができます。やる気があれば1年生でも自分のやりたい企画を形にできるところが、このサークルのポイントです!(笑)

 

過去にはビートたけし、爆笑問題、エスパー伊藤、加護あい、曽我部恵一、フロッグマンなど、マンガ家からタレント、お笑い芸人、ミュージシャンなどなど、様々なジャンルの有名人を招いたトークライブを行ったり、早稲田の王様(最もバンカラな早大生?)を決める「早稲田王決定戦」と呼ばれる企画を打っています。

 

そして先月、無事2本の企画を終えました。

ざっくり説明しますと…

 

 峅欺の微学〜anan×女子大生トークライブ〜」

雑誌「anan」の編集長の方をコメンテーターとしてお招きして、現役女子大生4人とともに「女子の生態について迫る!」というテーマの企画でした。

R教、A山学院、T京女子、そしてワセ女(早稲田に通う女子の愛称?らしいです…)に自身の恋愛観や恋愛遍歴、女子の本音など語りつくしてもらった結果、女性客大喜び。男性客たじたじになっていました。男性としてはショッキングな話も多かったみたいです(笑)。

 

◆屬澆蕕る!みにくる!?プリキュアのきせき」

初代プリキュアプロデューサーの鷲尾天さんと、声優の本名陽子さん(「耳をすませば」でヒロインの月島雫役をやっていました。カントリーロードの方です!)をゲストに迎え、今年で10周年を迎えるプリキュアの歴史を振り返るというテーマの企画でした。

プリキュアは子ども向けアニメのイメージが強いのですが、プリキュアのコアターゲットは子どもだけでなく、成人男性も含まれているのだそうです。

大人からの根強い人気はあるけれど、子ども向けのイベントが多い…。それなら大人も楽しめるプリキュアイベントをやろう!ということでこの企画が始まりました。

プリキュアに全く興味のなかった私でしたが、この企画を機に5シーズンを1週間で一気に観て、すっかりプリキュアにはまりました。

 

こんな感じです。企画はサークル員の趣味や野望をそのまま形にしたものが多いです(笑)

 

今は11月に行われる早稲田祭に向けて、どんな企画をやるか考えています。

みなさん、面白そうなアイディアがあったら教えてください!

2013.07.12 Friday 12:29 | 榊原(アルバイトスタッフ) | comments(0)
初めてのロックフェス。

お久しぶりです。アルバイトの榊原です。

今日は
ARABAKI ROCK FEST.13についてご紹介したいと思います。

ARABAKI
 ROCK FEST.13とは宮城県仙台市川崎町で2日間開催されるロック・フェスティバルで、日本で一番早く開催されているフェスとしても知られているそうです。(たいていのフェスは夏に始まっていると思います)

同じアルバイトスタッフだった佐藤さん(社会人になってから朝6時に自然と目が覚めるようになったそうです)は、なんと7年連続で参加しているベテランです。

例年、語学の授業や必修の講義で参加できずにいた私も、ベテランに誘われて今年はやっと参加できました。
初フェスです。単位とっておいて本当によかった。

今年はなぜか沖縄と東北がテーマで、沖縄からはORANGE RANGEBEGINも参加していました。あまり皆さんにはなじみのないバンドやアーティストかもしれませんが、怒髪天、勝手にしやがれ、矢野顕子、くるりなども出演していました。

晴れ時々雨の2日間、佐藤さんと私はお互いの好きなアーティストのライブを無我夢中で回り(その結果、ほぼ別行動に)、ヘトヘトになりました。

来場者のマナーも良くて、スタッフも感じの良い方ばかり。すごく気持ちよく楽しめたARABAKIですが、とても印象に残った出来事がありました。


それは2
日目、MONGOL800(沖縄出身のバンド)が様々なゲストを迎えてセッションをするエンディングでのことでした。会場の中で一番大きなステージで、最終日ということもあり超満員。
そこで主催者の男性から、沖縄のバンドをこのフェスのトリにした理由についてお話がありました。なぜ東北と沖縄なのか、という疑問もここで解けます。

きっかけは2011311日。震災を受け、MONGOL800が主催のWhat a Wonderful World!!というフェスを沖縄で開催したことが、中止になっていたARABAKIを勇気づけ、延期開催に繋がったという話でした。
この事実を知ってほしい、このことを伝えなくてはいけないという思いから、今年のこの企画が生まれた。その言葉を聞いて胸が熱くなりました。

こんな素晴らしい企画ができたら、どんなに素晴らしいんだろうな…とぼんやり考えながら、牛タン(初牛タン!の感動はARABAKIの感動をしのぐことはありませんでした)を食べつつ新幹線(初新幹線!の感動はARABA…略)で帰りました。
機会がありましたら、ぜひ足を運んでみてください。

今までで一番有意義なGWでした。残された日々はひたすら課題やります。

2013.04.30 Tuesday 15:11 | 榊原(アルバイトスタッフ) | comments(0)
思い出はいつの日も絶対に雨
 

お久しぶりです。アルバイトの榊原です。

 

最初にこのブログを更新したのは大学1年の夏18歳でしたが、今年の114日についに成人式を迎えました。

 

…あの大雪の日です。

 

振り返れば幼稚園の卒園式、小学校の入学式、運動会、林間学校、卒業式、中学校入学式、社会科見学等の校外学習はほとんど雨。

 

遠足に出かけるときはビニールシートよりも雨合羽を持たされていたことの方が多い気がします。

 

 高校の卒業式の7日前には震災があり、卒業式は30分ほどで終了。

 

あれほど練習したお辞儀や着席のほとんどが割愛され、「卒業生が泣きじゃくって歌えなくなる姿が胸をうつ」と言われていた蛍の光もほぼ全員が朗々と歌い上げていました。

 

大学の入学式も自粛となった私たちですから、成人式も何かあるだろうと思ってはいました。

でも、あの爆弾低気圧です。

あんな雪が降るとは思いませんでした。

神様は私たちに何の恨みがあるのでしょうか…。

 

結局地元の成人式は諦め、せめて高校の成人式だけでも!と品川まで向かいましたが、参加者(運よく母校に来れた人数)は6割にも満たず、寂しい式となりました。

 

これから私たちの世代が共通して迎えるであろう大きな行事は、大学の卒業式のみとなりました。きっとまた何か起きることでしょう。今度は雷でも落ちるんでしょうか。

 

いつもどこかで「無事に終わるわけない、めでたい日にはいつも何かが起きる」と20年間刷り込まれてきた私たちなので、もう怖いものは無いと思います。たぶん。

 

2013.02.05 Tuesday 17:06 | 榊原(アルバイトスタッフ) | -
春がやってきました!


お久しぶりです、アルバイトの榊原です。

 

今日は風こそ強かったものの、すっきりと晴れていました!春です!

駅から会社まで歩く途中に歩道橋を渡っているのですが、今日は遠くまで景色が見渡せて気分がよかったです(^^♪

 

午後には社内で「暑い…」という社員さんの声も。ぽかぽかでしたね。

 

今日はこの春休みに私がハマった映画・ドラマを紹介したいと思います。

この春休みは新入生歓迎期間の準備に追われ、とにかく忙しかったのですが、そのせいか観た作品の内容がファンタジー多めです。現実逃避ってやつでしょうか…

 

ま、まずは映画から…

 

    ペネロピ

先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳を持って生まれた不幸な女の子ペネロピをクリスティーナ・リッチーが可愛く演じています。

ファンタジー×コメディ×ラブロマンス!とにかく可愛い可愛いです。でもそれだけじゃないんです!…と、これ以上話すとネタバレになってしまいそうなので ()

 

    ビッグ・フィッシュ

「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」で有名なティム・バートンが監督した映画です。切ないお話ですが、見終わったあと心がほっこりします。これも本当に好きな映画なのですが、なぜかDVDが出ない…。

 

 

続いてドラマ…

 

 

    イタズラなkiss(韓国版)

きました韓流ドラマ!()

学年1位の秀才でイケメンの男の子と、平凡な女の子のありえないラブコメです。

見ているうちに、そんなに可愛くなかったはずの主人公の女の子がどんどん可愛く見えてくる不思議なドラマ。とにかくポジティブな女の子がひたむきに諦めずに頑張って頑張って頑張りまくる!そんなお話です。

 

    私の名前はキム・サムスン

 

社員さんにお借りしまして、この春休みに観たのですがハマってしまいました。

ちょっと古いドラマなので登場人物たちの衣装がダサいところが少し気になりますが、痛快なラブコメです。女優さんの体当たりの演技にも注目です。

 

 

まだまだ紹介したい作品はたくさんあるのですが、今回はこの辺で…

 

2012.04.04 Wednesday 12:40 | 榊原(アルバイトスタッフ) | -