税務・コンサルスタッフ達の隠された魅力(?)をお伝えします!
 
成長支援グループからのお知らせ

<< 十三 | main | ○HK杯トーナメント >>
「1・2・3・5・10」の法則
お疲れ様です。
税務部門の佐伯です。

この間聞いたちょっと面白い心理学の
お話をご紹介します。

お花屋さんで花を買うとき、まずいくらの予算でお作りしますかと聞かれると思います。

ここであなたは「1・2・3・5・10」の予算を頭に思い浮かべませんか。
3000円とか5000円、あるいは1万円といった感じです。

さらに2人で割り勘で買う場合も3000円ずつとか2000円ずつとかになっていませんか。


例えば、3000円の予算はあるが4000円はまずない。3000円の上は5000円で、さらにその上になると7000や8000円ではなく1万円となっていませんか。

正直自分はかなり当てはまっていると感じました。

さらにそういう目線でお店を見るとその辺を考慮して価格設定されているような気もしました。


そういった目線を持って日常の買い物を考えてみるのもおもしろいかもしれませんね。
2014.11.29 Saturday 10:00 | 佐伯 | comments(0)
この記事に関する励ましの声
励ましの声を送る