税務・コンサルスタッフ達の隠された魅力(?)をお伝えします!
 
成長支援グループからのお知らせ

<< 「進言」 | main | 親知らず >>
負け惜しみのつぶやき。

成長支援コンサルティングの安藤です。

今週末は東京のド真ん中で2010東京マラソンが開催されます。
お車で都内にお出掛け予定の方は交通規制にお気をつけください。

今年で4回目となる東京マラソン。
ワタクシ4回連続落選しております。

走れないと思うと走りたくなるのが心情ですが、
今は、とてもとても走れる身体ではないので、正直落選して良かったと思います(^^;)

特別魅力を感じる訳ではない大会ですが、何となくノリで毎年申し込んでいます。

そもそも、この大会は石原知事の肝煎りで、
「世界五大マラソン大会に並ぶ大会に!」という事で生まれた大会です。

世界五大マラソンとは・・・

ロンドンマラソン
ボストンマラソン
ベルリンマラソン
シカゴマラソン
ニューヨークシティマラソン


どの大会も伝統と格式がある素晴らしい大会です。

東京マラソンはニューヨークシティマラソンのコピーと言われています。
知事はニューヨークマラソン視察に行かれていましたね。
(もちろん税金ですよ・・・この旅費!!)

いくらコピーでも“格式”まではマネが出来ない様です。

東京マラソンの抽選結果については、いろいろ噂されています。
実業団選手、市民ランナーで名のある選手は別としても
我々一般市民ランナーの抽選は本当に公平に行われているのでしょうか。

一流大会にするために賞金をかけて世界の一流選手を集める。
「東京を走りたい!」という一般市民ランナーを抽選の下に数集めをして高い参加料をふんだくる
(参加費1万円、ちなみに他のフル相場は3,000円〜5,000円)
そんな図式になっている様な気がするのは我々だけではない様です。

フル初出場目標完走!と書くと受かるとか・・・?(グッツが売れる)
都外の選手は有利とか・・・?(都内宿泊=マネーが東京におちる)
陸連に登録すると受かる確率があがるとか・・・?(年間登録料発生)

各言うワタシはこんな人
↓↓↓
スタート地点まで定期圏内です。
フルマラソン走った回数もう数えられません。
おそらくグッツは何も買わないでしょう。
一番選手層が厚い年齢です。
完走予想タイムも一番人数が多い辺りのランナーです。

この子は東京に金が落ちん。はい落選。みたいな(笑)

落選者の負け惜しみでした(^^;)

五大陸マラソンを目指すのなら、
市民ランナーにとってこの大会に出る事が誇りになるような大会にして欲しいと思います。

ワタシが一番好きなフルマラソン大会は・・・またの機会に。。。

2010.02.24 Wednesday 09:00 | 安藤 | comments(0)
この記事に関する励ましの声
励ましの声を送る